青山ティーファクトリー2019福袋(5000円)内容と感想と覚書き

青山ティーファクトリーの福袋が到着しました。

青山ティーファクトリーの中身

購入したのは5000円のもので、100g入りが8袋と事前アナウンスされていました。

後ろのラベルを見てお店のショップからそれらしい説明文を引用していますが、同じ名前のものでグレードが違ったりシーズンが違ったりするようなので、間違っている可能性もあります。

ルフナセシリヤン BOP SP

水色は浅めですが、味はしっかりとしていて、甘い香が素晴らしいです。

甘い香りと、しっかりとした味で、セシリヤン茶園の社長が、この茶園ではこのグレードが一番お勧めということでセレクトしました。

ルフナニュービターナP1

後ろの商品名は文字数の関係で切れてるかと思いますが、おそらくニュービターナカンダ茶園が正式名称です。

甘みよりも、紅茶のコクに目を付けてセレクトしました。しっかりとした味です

今回のルフナの中では、最もルフナらしいコクがあります。スリランカで最も信頼している相棒の一押しです。

ウヴァハイランズP ×2個

この茶葉だけ2つ入っていました。

今年のウヴァハイランズ茶園のものは、香りが素晴らしかった。クォリティーの香りもしっかりとしていて、やや苦味もありますが、嫌な苦味ではありません。

今までのウヴァとは違います。ウヴァ独特の香りもありますが、やや苦味もあり、チョコレートなどと合わせると、美味しく召し上がれます。

いやーいいですよこれ。
ウヴァらしい香りがかなり強く、茶葉ってこんなに香るんだ!と軽く衝撃でした。
私自身、これまでウヴァって良い葉にあたることが少なかったので、「なんか渋みの強いお茶だなー」くらいな感想だったんですが、これだけ強い香りがするなら愛好家がいるのも納得です。

きゅーっとするような強めの渋みも感じますが、渋い味がするというよりきゅーっとなる感覚があるという感じの渋みなので、紅茶の渋みが嫌いな私でも大丈夫でした。

ウヴァダンバテン BOPF

ウヴァ、独特の香りではありませんが、甘い香で、味のバランスも素晴らしい。すごく飲みやすいウヴァです。

真打は、最後に披露するものです。実は、BOP BOPF D1と3種類ティスティングして、一番良かったものはBOPFです。これは、手荷物で持ち帰るよりは、あとから、もったいぶって最後に、皆様に、味わっていただきたいと、あとから空輸で輸入しました。是非、ご堪能ください。

ディンブラベアウェル BOP SP

この茶葉の説明はオンラインショップで見つかりませんでした。

ディンブラストックホルム D1

クォリティーの香りもありながらしっかりとした味でどちらかというとミルクティー向きです。

ややストックホルム茶園の独特の甘い香りもあり、細かい茶葉になるので、ミルクティー向きです。

キャンディロスチャイルド BP1

べっこう飴のような香りと、少し苦みを感じるかもしれませんが、嫌な苦みではありません。

べっこう飴のような香りと、やや苦みを感じるかもしれませんが、この苦みはすぐに消えます。ストレートティー向き。

値段がよくわからないですが(すでにオンラインショップから消えているものもありますし)、大体1袋1300円のものでそろえているのではないかと思います。

計 800g 10400円くらい?
福袋販売価格 5000円
※送料別

感想

ウヴァ3、ルフナ2、ディンブラ2、キャンディ1でウヴァ寄りの福袋です。
例年のネタバレを見ていると基本的にはバランスよく入っているので、その年の入荷によってこれくらい偏るのはアリかなと思います(今年は他の福袋もウヴァが多かったので当たり年だったのでしょうか?)。
あと個人的にウヴァは手持ちに全くなかったので、そういう点でもラッキーでした。
かぶりがあったので、そういうのが気になる方は避けたほうがいいかもしれないですね。

紅茶のパッケージに飲み方の目安(茶葉の量と水の量)が書かれていないため、リーフから紅茶を淹れることに慣れていないと戸惑うかもしれません。
1種類100gもあるので、いろんな淹れ方を試せるのは楽しいと思います。

すべて賞味期限が2019年のものでぎょっとしたのですが(早いものだと2019年4月)、こだわりの紅茶店なら賞味期限を短めに設定してる可能性もあるよなーと思って調べたところどうやら1年で設定されているようなので、ちゃんと2018年産のものが届いてます。

購入したお店:青山ティーファクトリー
関連記事:購入した・検討した紅茶の福袋一覧【2019年新春版】

コメント