購入した・検討した紅茶の福袋一覧【2019年新春版】

もともとミルクティーが好きで(紅茶が好きというより紅茶風味の牛乳が好きなんではないかなと…)、昔から紅茶をよく飲んでいました。
ただ、上咽頭炎と副腎疲労になってから、カフェインと乳製品が良くないということでずっと制限していたんです。
でも、最近やっと安定し始めて少しなら飲んでも大丈夫になってきたので、久しぶりに紅茶の福袋を買いました。

この記事では私が個人的に購入した福袋について、各福袋を購入した目的・福袋販売(予約)開始日・購入時期をまとめて書いています。
内容の詳細はそれぞれ別記事にあげているので、そちらを見てください。

この時期の福袋をなんと呼ぶか迷ったのですが、一応新春福袋としているところが多いので【2019年新春版】としています。

スポンサーリンク

2019年福袋購入方針

私は紅茶の渋みが苦手で、主に好んで飲んでいたのはルフナとキャンディ。
ダージリンは値段が高いわりに口に合わなかったので、これまで福袋を購入する際はできるだけ避けてました。

しかし今年参加した「アフタヌーンティーランド」で、ちゃんと淹れたダージリンはおいしいということに気づいたこと、久しぶりに紅茶を飲むので嗜好が変わっている可能性があることから、今年は(今までの好みに関わらず)できるだけいろんな種類の紅茶の福袋を購入するようにしました。

また、紅茶以外のグッズが入っている福袋は避け、基本的にはティーバッグではなくリーフを購入しています。

スポンサーリンク

購入した紅茶福袋

実際に購入した紅茶の福袋を一覧にしています。

ミツティー「ミルクティー編」

販売開始:12月8日
購入日:12月10日

先行してたっぷり編が12月1日に発売され、その後ティーバッグ編と一緒に12月8日販売開始されました。
2019年はストレート編の販売がありませんでした。

ミルクティー向けのみの茶葉セットがあるので、昔からよく購入していた紅茶屋さんです。
そこそこのお値段で安定した紅茶が買えるというイメージなので、主にデイリーユース目的です。

購入したショップ:セイロン紅茶専門店ミツティー
感想記事:ミツティー紅茶福袋2019(ミルクティー編)内容と感想と覚書き

ルピシア「梅・ノンフレーバー」

予約開始:10月24日
購入日:12月1日

紅茶の福袋と言えばかなり有名なルピシア。
個人的にルピシアは、フレーバーティーでひどい目にあったことがあり(まったく口に合わずかなりの量を捨てました)、ずっと敬遠してたんですよね。

ただ農園物は悪くないという話を聞いたのと、これだけ愛好者が多いということは何かしらの魅力があるのだろうなと思い、今年改めて購入してみることにしました(※完全に「ノンフレーバード=農園物」と勘違いして購入を決めましたが、梅で届くのは基本的にブラックティーのブレンドです)。

購入日の時点で一番たくさん入っている「松」は売り切れ。竹や梅は種類によってちょこちょこ売り切れてる感じでした。

購入したショップ:ルピシアオンライン
感想記事:ルピシア2019新春福袋(梅11:ノンフレーバードリーフ) 内容と感想と覚書き

シルバーポット「福三」

予約開始:12月5日
購入日:12月10日

昔から福袋のシーズンになるとよく見かけていたお店です。
ダージリンを少しだけ買いたいのと、フレーバーティーが意外に悪くないと聞いていたので、その二つを目的に購入しました。

ダージリン、農園物、チャイ、フレーバーティーがバランスよく入っているので、ざっくりといろんな種類を試してみるにはちょうどよさそう

購入したショップ:インド紅茶専門店シルバーポット
感想記事:シルバーポット紅茶福袋2019(福三)内容と感想と覚書き

青山ティーファクトリー(5000円コース)

販売開始:12月19日
購入日:同日

12月18日に福袋販売の告知があり、19日に販売開始。
午後からという告知でしたが、販売は11時30分頃開始されたようです(Twitter情報)。

100gの茶葉が8袋入っている5000円コース(36袋限定)とルフナOPAをのぞくすべての茶葉が入っている7000円コース(14袋限定)。
12時30分頃見に行ったらすでに7000円のほうは売り切れており、5000円コースも14時過ぎに売り切れてました。

なお今回ネットでの福袋販売は1回限り。年始は店頭でのみとのことです。

ダージリンが入らないので、他の福袋と比べると値段に対して質と茶葉の分量というコスパの良さが異常です。
ただそれなりに競争率が高いので、のんびり買いたいならミツティーがおすすめ。

購入したショップ:青山ティーファクトリー
感想記事:青山ティーファクトリー2019福袋(5000円)内容と感想と覚書き

チャイブレイク・t-break(お楽しみ袋)

販売開始:12月20日
購入日:12月21日

以前から行きたいなーと思っている紅茶のイベントで「ジャパン・ティーフェスティバル(旧名・シングルオリジンティーフェスティバル)」というものがあるのですが、その発起人のお店です(なお他の発起人はジークレフとシルバーポット)。
ネット上ではあまり福袋の情報を見かけないのですが実店舗(チャイブレイク)の評判はいいですし、ダージリンのオータムナルが確実に入るという福袋なので他の購入した紅茶とのバランスもよくなりそうなので購入。

購入したショップ:t-break(チャイブレイク姉妹店)
関連記事:チャイブレイク福袋2019(お楽しみ袋) 内容と感想と覚書き

スポンサーリンク

検討した紅茶

ジークレフ

予約開始:12月7日

ダージリンで有名な紅茶店。
2000~3000円くらいのものがあったらお試しで買ってもいいかと思ったんですが、5000円からしかないので、こんなにダージリンがあってもな…ということで今年は見送り。

ティーポンド

紅茶の日に合わせて福袋を販売していましたが、キャンセル分を12月22日に再販。
大きな缶が邪魔になりそうだなーと思いつつも人気の高いお店で気になっていたので、「買えたらラッキー」くらいの緩い気持ちで参戦したら案の定無理でした。
買えなくて残念だったような、ほっとしたような。

一芯二葉

評判はいいのを聞いていたのですが、台湾茶や日本茶が入るので…とスルーしていたら(それほど飲まないので)、なんと今年は紅茶の福袋だったんです!残念、見逃してたー。
ここのお茶は一度買ってみたいので、来年の第一候補です。今年の販売日は12月26日でした。

コメント