2022年ベランダハーブのお手入れ

今年の春のベランダハーブの記録です。

実は4月始め(ソメイヨシノが満開の頃)に初めて植え替えや思い切った剪定をしました。
その後ちゃんと育つか心配してたのですが、何とか根付いたみたいなので、後々のためにそういったお手入れの記録もしておこうかなーという記事です。

※それぞれ欄には書いてませんが、いずれも植え替え後には葉の量が半分くらいになるまで剪定をしました。

スポンサーリンク

前年からの続投

去年は記事にしてなかったみたいなのでおととしの記事です。

2020年ベランダハーブのお手入れ
ベランダハーブのお手入れを始めました。京都の場合、寒の戻りがなく熱帯原産ハーブも失敗が少ないということで、ゴールデンウィークがお手入れの適期だと思ってるので例年よりちょっと早めですね。今年は暖冬で早くから暖かかったのと、新型コロナの影...

見返してみると意外と忘れている植物があったりして(スープセロリはこの後すぐトウ立ちして秋に育てるべきだったなと後悔しました)、こまめに記録を付けておいたらよかったなーとちょっと後悔。

レモンバーベナとローズゼラニウム

レモンバーベナは相変わらず冬になると枯れてもうだめか?と思わせつつ、春になるとグイグイと伸びるので見ていて楽しいですね。
育てているハーブの中で、この時期一番成長が分かりやすいです。

去年のレモンバーベナはしばらく放っておいたら1mくらいの枝が伸びてしまって、あまりにも葉っぱが先の方しかつかないので樹形が不格好になってしまいました。
レモンバーベナはどんどん切るといいと聞いたことはあったものの、伸びたところを切るのは…と今まで怖くて試せてなかったんですよね。

ただ、今回は本当にひどかったので思い切ってすべての枝を10cmくらいまで切ったところ、なんとすべての節から葉っぱが出ててきたんです。
切る前は先端の節のところからしか葉っぱが出てなかったので、こんなにたくさんの葉が出てくるのは予想外。
これからはちょっと伸びたらガンガン切っていこうと思います。

さて、レモンバーベナとローズゼラニウムは2019年から1つの鉢に育てているのでそろそろ限界かな。
今年は植え替えに自信がないのでこの鉢には手を入れませんでしたが、他のハーブを触ってみて意外と簡単に植え替えできることが分かったので、来年にはこちらの鉢も植え替えをしたいところです。

コモンタイム

この時期小さなかわいい花が咲くコモンタイム。

ローズマリーと同じ鉢に植えていましたが、どちらも無事に大きくなったので別の鉢に植え替えました。
タイムはとにかく収穫して切ったり根っこを刺激するとよく成長すると言われるので、あまり植え替えにあたって心配はしてませんでした。
一方でローズマリーは移植を嫌うというので、コモンタイムを取り出すようにして別の鉢に移すという形で植え替えすることに。
植え替えをして1週間もしないうちに元気になりましたね。

今このタイムでちょっと気になっているのは、葉が細くなってきた気がすること。
新しい枝の葉は明らかに大きいところもあるので、どんどん使って枝を更新してい行く方が良いんでしょうね。

ローズマリー

ということでコモンタイムと一緒に育てていたローズマリー。
常に花が咲いているのは良いのですが、花ガラが取りきれないので結局見た目があんまり…なのがちょっと気になるところ。

前述のとおり、コモンタイムを切り離したときに、一度鉢から取り出して古そうな根(細くて黒っぽいもの)を落としました。
成長が遅いので、植え替えがうまくいったのかが分かりにくいのですが、枯れてはいないので問題ないかなと思います。

コモンセージ

セージもこの時期花が咲き始めます。
すくすくと柔らかな葉が育っていて、見ているだけで癒されます。

今回の植え替えでは、いったん鉢から土ごと取り出し古そうな根を落として同じ鉢に植えなおしました。
植え替えのやり方を調べると、大抵「一回り大きな鉢に植え替える」と書いてありますが、狭いベランダでは気軽に鉢が増やせないですしね。
いろんなところから新しい葉が出てきたので、やはり植え替えは良い刺激になるようです。

セージも木質化しやすく油断すると先っぽばっかり葉が出て困ったな…となりやすいんですが、今年は良い感じに新しい枝が出てきたので、ある程度花を咲かせたら一気に刈り込んで枝を更新したいところ。

ちなみに2019年にベランダを作り替える前は毎年ハーブを枯らしていましたが、今ならそれが水不足だったということが分かります…。
本などでは「乾燥気味に育てる」と書いてありますが、日当たりがめちゃくちゃに良いベランダで鉢植えの場合、この時期なら2~3日に1回、真夏なら毎日か朝晩水やりしないと間に合わないですね。
特にセージは、手持ちのハーブの中で一番水を欲しがりますし、水切れ起こしたときに葉がしおれてきて分かりやすいので水撒きの目安にしています。

今年の新顔

レモンタイム

コモンタイムの香りがちょっと薬っぽくて強いので、もう少し使いやすいレモンタイムが欲しいなーと探していて見つけたので買ってきました。
…というものの、実は店頭で「レモンタイムか…?」というほどレモンの香りがしなくて、ほぼコモンタイムのようなレモンタイムです。

レモンタイム(左)とコモンタイム(右)で比較。
一応葉の見た目は結構違うんでうすよね。あと、ラベルによるとピンクの花が咲くそうなのでそちらも期待。

こんな香りだったかなあ?と疑問に思いながらも育ててたのですが、後日「ゴールデンレモンタイム」を見つけたので香りを試したら、びっくりするくらい柔らかく華やかなまったく異なる香りだったので、ちゃんと納得した香りの物を買えばよかったなーと後悔。
ただ育ってみたら意外と香りが変わってくるかもしれないので、しばらく育ててみて、気に入った方のタイムを残そうと思います。

コメント