なやカフェ(京都・北白川):こころが落ち着く不思議なカフェ


最近なんとなく疲れていて、なんかこう今の自分とは離れた世界観に触れたいなぁ…と思い、前から気になっていた「なやカフェ」へ行ってきました。
こちらのお店は運営方針がめずらしく、Web上では「脱経済カフェ」「自給自足カフェ」といった紹介がされています。

なやカフェ(HP / Twitter
京都府京都市左京区北白川堂ノ前町1 デュ北白川102
火曜日営業 /その他の曜日は別のお店が営業・詳細はTwitterにて告知
※ごはんは前日までに予約(HPにメールアドレスあり)
最寄り:市バス「北白川別当町」

この記事書いてて初めて気づいたんですが、なやカフェでご飯を食べる場合メールで予約をしてくださいとHPに明記してあるんですよね…。
全く気付かず直接行ってしまったので店主さんはいろいろ戸惑われたと思うのですが、ランチを作ってくださいました。

なやカフェでそば粉を作る

ということで、本来予約が必要なカフェなのですが、予約なしで訪問しました。
12時半頃お店に行ったもののお店が開いていなくて。
Twitterを確認して定休日を確認したりそのあたりをうろうろしていたら、ちょうど店主さんらしき方を見るけることができました。

声をかけたところ「オープンまで少し待ってもらえれば」ということだったので、そのままランチをお願いしました。
それで、また30分くらいしたら帰ってくるつもりだったんですけど「もしよかったらそば粉の準備どうですか?」と。

そば粉の準備??

ということで出てきたのがこちらの石臼。石臼って初めて見ましたよ!

最近なんだか面白いことがない…と沈んでいた私に、初めての石臼はとても魅力的に見えました。
実際回してみると重い! でもごりごりちゃんと削れてきて楽しい!
30分ほど石臼を回して、そば粉を作りました。

最初は結構重いし難しいなーという感じだったのですが、一定のリズムで石臼を回してソバの実を入れていくのを続けるうちに、ふと気づくと無心になっている時間がありました。
こういう時間って、あれこれ悩んでいたこと(この時の疲れは主に思い悩みが中心でした)から解放されるんですよね。
そば粉を作り終える時には、気持ちが軽くなっていました。

料理の内容と感想

この日はメニューの選択はなく(なにしろ予約をしていないので…)、自分で挽いたそば粉のガレット(確か1000円ほど)のみ。

なんともかわいらしいランチです!

自然派カフェのような薄味のお料理かと思ったら、味つけがしっかりしていて食べ応えがありました
中にはマッシュポテトとお野菜、おそらく自家製のベーコン。

どの素材もちゃんと主張してくる味なんですけど、それらをきれいにまとめる味付けをされているので、「お料理を食べた」という満足感があります。

訪問した時間とお店の混み具合

平日お昼過ぎに訪問しましたが、私以外のお客さんはいませんでした。
予約をしていないのに対応していただけたのは本当にありがたかったですが、絶対大変だったと思います(何かいろいろ作業をされていましたので…)。

ということでこの記事を見て興味を持った方は、ぜひ予約をして行ってみてください

お店が入っている建物はパティオみたいな作りになっているので、ちょっとわかりにくいかもしれません。
GoogleMapが示す建物に外階段を少し登って入ったら、左手奥に見えるお店です。

あかりlogで紹介しているお店一覧(地図表示)

コメント