ロルバーン、こうやって使ってます#1

ロルバーンにはまりました。

元々存在自体は知っていたんですが、コラボがとんでもなく多くハマると絶対大変なことになるとわかっていたので近づかないようにしてたんです。
しかし、昨年金沢のムーミン展を見に行った時にどうしても気になって買ったらそのまま沼に足をとられました(ロルバーン沼は果てしないので、恐ろしくてまだ落ちてはいない)。

※ロルバーンとは
硬めの表紙やクリーム色の紙、ポケット付きといった使いやすさからファンが多いノートです。日本製なのもポイントが高い。
色々サイズがありますが、主にコラボや限定品が出るのはB6サイズに近い「L」。

それでまあ足をとられてしまったからには腹をくくりまして、心おきなくたくさん買えるように、いろんな使い方を模索してます。
そのうちいくつかは自分の生活になじんできたので、使い方を紹介。
(ちなみにどれも「ロルバーンじゃないとダメ」というわけではなくて、むしろコスパ的には投げ売りされてるキャンパスノートを使った方がいいとは思います…)

どれも割と長期間使うノートになるので、特に表紙が気に入ってるものはカバーもつけてます。

created by Rinker
デルフォニックス
¥800 (2020/11/24 17:58:39時点 Amazon調べ-詳細)

そのうち他の使い方を始めたらまたまとめたいので、とりあえず#1と付けてみました。

1. 旅の準備ノート

旅の計画を立てるずっと前段階の「ここに行きたいなー」くらいのアイディアを書くノートです。

ページの最初には、とりあえず思いついたことを一行ずつ書くリスト。
行きたい場所ややりたいこと、気になった単語などをとにかく書きだしています。
リストには通し番号を付けていて、旅の具体的なテーマを思いついたりメモしておきたいことが見つかったら、専用のページを用意します。

旅の日程が決まって具体的な計画が必要になったら、トラベラーズノートに引き継ぎ。
引き継いだ後の書き方は↓の記事にまとめてます。

私のトラベラーズノートの使い方:旅行編
愛用しているトラベラーズノートの、私的活用法です。トラベラーズノートは株式会社「デザインフィル」が発売しているノートで、厚手の革に多様なリフィルを挟み込んで使うカスタマイズ性の高さが人気。私はトラベラーズノートの見た目と、使い込むほどに...

2. 仕事のネタノート

前々から仕事に関するネタノートを作った方がいいんだよな…と考えてたんです。
今すぐには必要ではないけど、でも自分の見識を広げるためにジャンルを問わずネタを仕入れたら後々役に立つよな、と。

そう思ったままなかなか腰が上がらなかったのですが、ロルバーンを消費するという目的ができたとたん積極的にネタ探しをするようになりました。現金!!

基本的には1ページにつき1ネタ。
ロルバーンって140ページあるので使い切るのは大変ですが、1日1ネタ仕込めば約半年分と考えるとなかなか良いペースでロルバーンが使えそう。

お気に入りの表紙を見るたびに楽しい気持ちになれるし、毎日の日付を日付スタンプで押すのもなかなか楽しいです。

created by Rinker
スタンテック
¥960 (2020/11/24 17:58:40時点 Amazon調べ-詳細)

3. レシピの確定していないレシピを書くノート

ずっと持ち続けようと思っているレシピノートは元々あるのですが、そのレシピノートに載せるほど作り方が確定しているわけではないんだけど、なかなかおいしいのができたぞ、というようなレシピを書いています。

あと、お店で食べたものを再現するときに、「完成というわけではないけどそれなりに近い」レシピができたときに、後から参考にできるようにそのレシピを書いています。

こちらは最近導入したばかりなのでまだあまり積み立てがないのですが、おいしいものができたらレシピノートに転記する予定。

4. いろいろ書きつけるノート

「なんとなく書きながら考えておきたい」「後からまとめて情報を見直したい」ということを書いておくノート。
割とブログの記事になりそうな内容が多いので、自分の中では「ブログのネタ帳」的な位置づけかな。

今だと、Go To Eatキャンペーンが始まったら食べに行きたい場所を書きだしたり、来年の手帳の使い方についていろいろとアイディアを書いたりしています。

ロルバーン
Akariをフォローする
スポンサーリンク
あかりlog

コメント