トラベラーズノートが増えました(2年ぶり2回目)

ということでまた増えました。
もちろん自然に増えるわけではないので自分で買ったわけですが、2年ぶり2回目、通算3冊目のトラベラーズノートです。

↓前回増えたときの記事

トラベラーズノートが増殖したので紹介します
トラベラーズノートが増殖しました。…といっても自然発生するわけないので、もちろん自分で購入したわけなんですが。何年も欲しくて、でも使い切れるかわからなくて購入できなかったキャメル。この記事はキャメルへの熱い思いをひたすら書き綴っ...

同じようなノートいっぱい買ってどうするのって思われるかもしれませんが、私も思ってます。
でもねー好きなんですよ。トラベラーズノート。
平らなところで物を書きたいタイプなので、あんまり使えてないんですけど。
限定版が出るといつも迷って買わなくて後から「やっぱほしかったなーー」ってなるので、トラベラーズノートに関してはもう気になったものはとにかく買っておこうと決めてるんです。

ちなみに同じ色・同じサイズのものを買わなければまだ沼に落ち切ってないと思ってるので、あと5冊余裕があるよ!やったね!

※2020年現在トラベラーズノートの定番は、黒・茶・キャメル・ブルーのレギュラーとパスポートサイズの8種類

スポンサーリンク

TO&FROコラボのトラベラーズノート

今回買ったのはTO&FROコラボの、ブルーのパスポートです。
元々次に買うならブルーかなーと考えてたんですが、コラボのバードマークが気に入って決めました。

それほど大きな刻印ではないので、トラベラーズノートに対して刻印の比率が大きくなるパスポートサイズを購入。

外観と質感

トラベラーズノートの通常モデルでもよく聞くようにおそらく個体差があるとは思うのですが、私の手元に来たのは暗めの色でした(この写真でもちょっと青が強く出たかなという感じ)。
何も知らなかったら「黒?」と思うような色。ただ実際に黒を横に置いてみると違う色だとはわかるんだろうな、という程度にトーンは異なります。

個人的にはもうちょっと明るい青でもよかったなーと思うんですが、まあ使ってるうちになんだかんだと気に入りそう。

革の質感は、結構つるっとしていて固めです。若干ゴムっぽい雰囲気もあるかな。
でも、使って行くうちにたぶんいい感じに柔らかくなりそうというポテンシャルは感じます。

パスポートサイズの使い道とカスタマイズ

「気になったから買った」と勢いだけで決めたように書きましたが、やっぱりそれなりに迷ったので、購入前に色々と使い道を考えました。

結果、今回のパスポートサイズは日常用のメモとして使ってみることに決定。
最近文字を書くと気持ちが落ち着くことを実感したので、何でもいいので書き留めるノートがあったらいいのかなーと思ってまして。

普段は手帳を持ち歩いていてそれに色々書いてるんですが、A5サイズなので出かけるときにはちょっと大きいんですよね。
同様にトラベラーズノートのレギュラーサイズも、ちょっと大きい。

今は新型コロナの影響もあって出かけることもありませんが、落ち着いたら小さなカバンだけでカフェにふらっと行ったりしたいんです。
そんな時に使うには、ちょうどいいサイズですよね。

それから、パスポートサイズって結構小さいんですが、この小ささが自分の気持ちを細々と書き留めるのになんだかよさそうで。
大きいノートを使うと思考が広がるとよく聞くので、じゃあ小さいノートを使えば自分の内面に掘り進んでいけるんじゃないか、と。

そんなわけで、パスポートサイズを買うと同時に(送料対策も兼ねて)いくつかアイテムを買い足しました。

ポケットシール

日常用のメモに使うとなると、本当にどうでもいいような用事を書きつけることもあるので、そういう時に使えるいらない紙を入れておいたほうがいいかな、とポケットシールを取り付けました。

↑そのまま貼るとゴムの結び目の部分を覆ってしまったので、ちょっと小さく切ってます。

クラフトファイルと迷ったんですが、ノート以外のものがパカパカすると使いにくいかなと思い、こちらを選択。
ポケットシールははがすと糊の跡が残ると聞いたのでこれまで使っていなかったんですよね。
でも、今回は明確に「あった方が便利そう」ということで、思い切って貼り付けました。

メモ用の紙を入れるのもいいんですが、リフィルの端を入れることですぐに開けるようにできたのも結構お気に入りポイントです。

下敷き

基本的に机に座って物書きをするタイプなのですが、メモで使うとなると浮かした状態でも書けるようにしておいた方が便利かなと思って、下敷きを買ってみました。

これ年ごとに変わる物なんで、記念の年にあわせて買えるといいですよね。
個人的には特に節目の年でもないんですが、2020という文字の並びがいいし、いつこのトラベラーズノートを買ったのかわかりやすいので満足してます。

下敷き自体は実はあんまり固くなくて、紙の下に敷いて字を書くといい感じの弾力感が出るタイプです。

日付印

前々から欲しかった日付印をとうとう購入。
手書きで日付を書くのもいいんですが自分のメモに埋もれがちなので、こういうスタンプを使って検索性を上げたかったんです。

この日付印、「年」の部分が12年分しかないので12年間しか使えません。元を取るためにもいっぱい使わなければ。
ちなみにメーカー調べでは6000回使えるそうです。毎日1~2回押せますね。

購入したのはインク付きのS300。
インクなしのものもあるのですが、絶対に面倒になるのとうまく押せないかもしれないと思ったのでインク付きにしました。

トラベラーズファクトリーのオンラインショップではS300とS400の2種類のサイズが売っていて、どちらにしようかかなり悩みました。
S400の方が文字が大きいので視認性は絶対にいいけども、ちょっとパスポートサイズに対しては字が大きすぎそうな感じがしたので、結局S300に。

パスポートサイズに押したサイズ感は写真を見てもらうとわかりますが、バランスは良いし、視認性も悪くないと思います。

軽量紙のリフィル

最初はお試しで運用するのでパスポートについてくるリフィルで十分と思ってたのですが、送料無料にちょっと足りなかったので軽量紙のリフィルを追加しました。
切り取りやすいミシン目が入っているので、もし他のノートなどに内容を移したいときは便利かなーと思って。

ただ、実際に運用してみないとわからないのですが、書く内容によっては保存しておくこともないかもしれないので、その場合はもっとコスパの良いノートに切り替えようと思ってます。

ちなみに重さをはかってみたところ通常のリフィルが35g(ページ数64)、軽量紙リフィルが32g(ページ数80)なので、リフィルの重さ自体には意外と差はありません。

コメント