親知らず(上)を抜いたら痛みもなくものすごくスムーズに終わった

1週間ほど前に親知らずを1本抜きました。
4本親知らずがあり家族もみんな抜いているので、そのうち抜かないといけないなあ…と思いつつ、「親知らずの抜歯=めちゃくちゃ痛い」という知識だけはあってなんとなく伸ばし伸ばしにしていたけど、とうとう抜くことになりました。

で、とにかく痛みに弱い私はビビりまくってましたが、意外にいろいろとスムーズにいったんですよ。
なんか親知らずで検索するとめちゃくちゃ痛い話しか出てこないんですが、うまくいくとこんなにもスムーズに治療が進むんだなーとびっくりしたのと、こういう話を読めてたら私もあそこまでビビらんかったのに…という気持ちををこめて書いた記録です。

抜歯が決まるまで

元々通っていた歯医者に色々と不信感を抱いたので、歯医者を変えました。
そしたら治療済みのはずの歯の神経に薬がきちんと詰まってないとか、かぶせと歯があってないとかが見つかって、「とりあえず悪いところ全部なおしてください!」という雑なオーダーで歯医者通いをすること3ヶ月。

やっと大体終わったかなというあたりで、先生から「親知らずが生えてきているせいで歯が押されてしまっているから抜いたほうが良い」とアドバイスされました。
ちなみに上の親知らずです。

数年前から確かに親知らずが生えてるなーと気にはなってたし親からも「親知らず抜かないでいいの?」と聞かれてたけど、歯医者さんからは特に何も言われないしこの親知らずは悪い親知らずじゃないんだろうと勝手に納得してたんです。
が、どうやらそうではなかったらしい。

昔からちょっぴり歯が重なって生えてる部分があって気になってたんですが、親知らずのせいでそこも余計にひどくなるというとのこと。
痛いの嫌だな…と迷ったんですが、それまでに治療してもらって作り直した歯がとっても良くて元々そこにあったんですよみたいな顔してはまってるので、この先生なら大丈夫かなと抜歯することを決めました。

抜歯まで

親知らず=抜くと痛いという知識しかなかったので、帰ってから「親知らず 抜歯」でいろいろと検索。
するとずらずら出てくる歯科クリニックの説明…。

違うんだよGoogle、もう抜くのは決めたから説明はいらないんだよ。覚悟を決めるための情報が欲しいんだよGoogle。
例えばどれくらい痛かったか、痛みはどれくらい続くのか、何が役に立ったかとか。同じ経験をしている人の話を読んで「みんな大変な思いをしてるんだなあ」と、自分は一人じゃないと言い聞かせたりしたいんだよ…。

最近の検索方針の変更で病気の体験記関係は使えなくなったとは思ってたけど、これほど使えないとは思わなかったよGoogle。
まあいかがですかブログが大量に出てくるよりはいいけど、フツーのブログ記事を出してくれGoogle…。

マイナス検索とか駆使してみたんですがどうやっても呪いのように歯科クリニックの検索結果が大量について回ってくるので、最後はYahoo知恵袋とか読んでました。

先生にも聞いてみたほうがいいだろうと次の通院時に先生に「痛いの苦手なんですけど、痛いんですか?会社休んだりした方がいいですか?」と聞いてみたところ、あまりにも意外な質問をされたみたいな顔をした後「全然痛くないし、お仕事も問題ないですよ」とのお返事。

ええ、痛くない親知らずの抜歯ってあるんだ?とびっくりして帰って検索したらやっぱり歯科クリニックの説明に阻まれました。何とかしてくれGoogle。

抜歯

休みはとらなくていいと言われましたが、念のため金曜日に抜歯して土日は家で安静にすることにしました。
使えないGoogleに呪詛を送りつつ、Twitterなどでも検索しつつ迎えた当日。痛くてご飯を食べられなくなるといけないので、お腹いっぱいご飯を食べていざ病院へ。

まずは麻酔をちくちくと5,6本?打たれます。正直に言うと注射も嫌いなんですけど、ここの麻酔は少しちくっとした後はちょっと熱いなーくらいな感じで終わるのでまだ耐えられます。それでしばらく放置。

5分くらいしたら先生が来て「麻酔効いてるか見ますねー」ということで、口をごそごそし始めました。
実は私、前の歯科医で麻酔したのに痛かったことがあったので歯医者さんの麻酔ってあんまり信用してなかったんですよ。だから、痛かったら手を挙げる気満々で構えてました。

先生が何やらいろいろと器具を入れているのは見えてたんですが、急に聞こえる「みしっ」という音。
あれ?これもしかして抜かれてる?とは思ったものの、先生は何も言わないし、痛みも何もないし、音もそれから全然ない。
「今のが麻酔効いてるかどうかのチェックかな」と思ってたら濡らした綿で奥歯をぽんぽんと叩かれ始めて、なんか終わった感があるな…と思ってたら「はい、終わりです」とのこと。

器具を入れてから抜歯まで10秒かかってなかったと思います。
こんなにあっさり抜ける親知らずもあるんだ!!!との衝撃に呆然としながら止血用のガーゼをかみしめました。これも5分くらいで終わって、しかも全然血の味しなかったのでほぼ止血完了してたっぽいです。

途中で調剤薬局によって、抗生物質と痛み止め、うがい薬をもらって帰宅。
注意事項として長風呂をしないこと、激しい運動をしないこと、飲酒禁止を言われましたが、ご飯は固いものでなければ普通に食べていいですよーとのことでした。いいんだ…?

抜歯後~就寝

思っていた以上にすんなり抜歯が終わり麻酔も思ってたよりも残っていなかったものの、麻酔が切れた後が怖いと聞いていたので「いつ痛みが来るんだ…!」と戦々恐々としながら夜を迎えました。

が、全然痛くなりません。
なんとなく違和感があってちょっと無理したらまずいかな、という感じはするんですが、痛み止めを飲んだら違和感も消えてしまったので、本当に何も問題ない感じ。
ただ「いつ痛くなるんだろう…」という恐怖心から、気持ちはずっとしょぼしょぼしてました。

普通にごはんも食べられそうな感じだったんですが、さすがに怖いなと思って買い置きしておいたコーンスープを温めて飲んでそのまま就寝。

抜歯翌日

翌日は朝早く目が覚めました。
眠りは浅かったのですが、痛かったわけではなく「いつ痛くなるんだ…」という落ち着かない気持ちでときどき起きてた感じ。

起きたらちょっと違和感があったので痛み止めを飲んでみたところ、ほどなく違和感も消えました。
ただ時々目の奥とか鼻の奥が痛くなる時があったり、体を動かすと痛みを感じるときがあったりして、そのたびに「とうとう来たか!」とびくびくしてたものの本格的に痛くなることはなし。

朝・昼は気持ちがまだしょぼしょぼしてたのでおそるおそるスープを飲んでましたが、夕方になると気持ちも持ち直してきてサンドイッチを食べるくらい元気になってました。

抜歯後2日目

抜歯後2日目。起きたときに「もう動けるかも?」と思ったものの、せっかくしっかりと休める日にしておいたのでほぼ動かず過ごしました。

ごはんも問題なく食べられそうだったんですが、なんとなく普通のご飯を食べる気持ちになれずホワイトロリータを食べまくってました。ただの怠惰な生活。

夜には普通に過ごせるようになっていましたが、歯磨きした直後に白っぽいぶよぶよした物が出てきて「これは取れたら痛くなるという血餅では…!?」と再びしょぼしょぼしながら寝ました。

抜歯後3日目

抜歯後3日目は、起きたときに「あ、もう大丈夫だ!」と思えるくらい違和感がなくなってました。人間の回復力を感じた瞬間です。

この日は消毒のために再び病院へ(本来抜歯の次の日なんですが先生の都合で週明けになりました)。
特に問題なかったようで掃除と消毒を済ませて終わりでした。
「昨日白っぽいぶよぶよの出ちゃったんですけど…」と言ってみたところ、「問題ないですよー」とのことだったので、取れても問題ないやつだったみたいです。

現在

ということで、結局最後まで痛みらしい痛みもなく終わりました。
今もちょっと違和感があったり、右側で物をかんだりするのは怖いんですが、それさえ気を付ければ大丈夫そうな感じがします。

ちなみに抜歯してしばらくしてから母親に「親知らず痛いって聞いててめちゃくちゃ怖かったんだけどすんなり終わったんだ」と話したら、母親は親知らず以外の歯も抜いていたらしく「上手な歯医者なら痛み止めがあれば全然痛くないし翌日動いても問題ないよ」と教えてもらいました。検索するより家族に聞いた方が早かったわ…。

分類不能
Akariをフォローする
スポンサーリンク
あかりlog

コメント