ブログをXserverからConoHaに引っ越しました(ドメインも移管)

久しぶりにブログ周りの話です。

タイトルの通りなのですが、ブログのサーバーをエックスサーバーからConoHa WINGに変えました。ついでのドメインも移管しています。
サーバー移行手順の関する記事はもうたくさんあるので、この記事では参考にしたサイト・全体的にかかった時間・私が移行した理由などを書こうと思います。

スポンサーリンク

サーバー移行で参考にしたサイト

検索して出てきた記事の中から、私のパターンに合致していてわかりやすかったサイトを残しておきます。
日をまたいで作業が必要だったりするので、作業が完了するまではブックマークに入れてました。

【40枚の画像で解説】エックスサーバーからConoHa WINGへの移行方法完全ガイド!|hitodeblog(ヒトデブログ)
2021年4月12日更新 「エックスサーバーからConoHaWINGに移行したいけど、難しくない?」 結論から言うと、結
エックスサーバーからConoHaへドメインを移管!手順を解説!(ドメイン管理会社の変更)【画像付き】
ドメイン管理会社をエックスサーバー → ConoHa へ移管!画像つきで手順を掲載しました。

移行にかかった時間

基本的には記事に書かれている手順で行えば特に問題なかったのですが、上で書いた通りちょくちょく待ち時間が発生します。
意外なところで時間がかかったりして、「これで本当にあってるのかな?」という気持ちになることが多々あったので、これから移行する人(そしてそのうちまた移行する自分)に向けて、どんな感じだったかをざっと書いてみます。

サーバー代を支払った後(10分くらい)

サーバー代を支払った後に、サーバーの支払い画面に戻されます。そしてサーバーを操作する画面にも移動することができません。
決済を失敗したかな?と思うのですが、どうやら契約したサーバーを起動する時間がいるようで、10分くらい待つ必要があります。ここで慌ててもう一度サーバー代を支払うと、多分サーバー2台の契約になっちゃうんですよね…。
なお、契約情報のようなところは反映が早かったので、心配ならそこを確認するとよいかと思います。

ConoHaにWordpress記事を移行したとき(10分くらい)

旧サーバーから新サーバーにデータをコピーするのですが、これに時間がかかります。
ここで時間がかかるということは移行手順を説明した記事にも書いてあるのですが、実際どのくらいかというと、1G程度のデータがある私のブログで10分くらいでした。

ここのコピーでちょっと罠があって、コピー自体は始まるのですがプラグインが邪魔をしてコピーが終わらないということがあります。
私も最初試したときに途中までは順調に進んでいたコピーが止まってしまって、「まあ時間かかるっていうし」と思ってそのまま放置していたところ、3時間程度経っても動かないのでよく見たらサーバー管理画面から追い出されてた(つまりとっくにエラーが出ていたのに画面に反映されていなかった)ということがありました。

なお、スパム関係のプラグインが引っかかりやすいそうなので、それらを無効化したらすんなりと進みました。

Whois情報の更新(24時間)

こちらはドメイン関係の設定です。
ドメインの管理者に関する設定であるWhois情報について、一般的にはサーバー管理会社に公開代行してもらっていると思うのですが、ドメインを移行するにあたってこれを解除(自分の情報に修正)しなければいけません。

この更新について、おおよそ24時間程度見ておかないといけないようです。
ドメイン管理を移す前に自分の情報に修正し、移管後に改めてWhois情報公開代行設定をする必要があるので、あわせて2日は必ず時間がかかります。

ドメイン移管(1週間)

今回サーバー移行と同時にドメインも移管したのですが、これが一番時間がかかりました。

作業自体は申請すれば終わりなんですが(Xドメインはメールでの承認作業などありませんでした)、ドメイン移管作業がされている間Whois情報は自分の情報になっているので、全世界に自分の情報を公開していると思うと落ち着かないですね…。

サーバー移行した理由

ということで最後は私がサーバー移行した理由を。
主にお財布的なことでたいした理由ではないのですが、いくつも重なるとやってみたくなるもんですね。

サーバー代を抑えたかった

一番の理由はこれです。
このブログはサーバー代(月1000円くらい)の足しになるといいなという気持ちでGoogleAdsense・Amazonアソシエイト・楽天アフィリエイトを使ってるのですが、数年前からGoogleの検索結果が大きく変わって個人ブログがほとんど検索結果に出てこなくなりました。
その結果、毎月3つあわせて1000円になるかな?どうかな?くらいの金額になっています。記事が増えて訪問者も少し増えたかな?と思っても、数か月もすればまた検索結果から飛ばされる賽の河原状態…。

最初は500円くらいのサーバーに引っ越そうかなと思ったんです。ただ調べてみると、ブログを書くときに遅延があったりするようで、快適に書く方を優先したいのでやっぱり1000円くらいは出した方が良さそうなんですよね。
ということでなんとなくXサーバー継続かなと考えてたんですが、ConoHaのキャンペーンで長期契約すれば実質500円くらいになるキャンペーンがあったので、どうせ今後も続けるだろうしこれでいいかもな、と決めてみました。

サーバー移転というものをやってみたかった

これも結構大きな理由なんですが、サーバー移転というものは大変らしい、ということだけ小耳にはさんだことがあったので、まだブログが身軽なうちにやってみたかったんです。
結果としては、移転のサービスや情報が非常に充実していることもあって、まったく問題なく進めることができました。

今回ConoHaにうつりましたが、実は正規の値段だとXサーバーより高いんです。
今回こんなに簡単にできたので、次の更新のときにはまだ気軽に別のサーバーに移るかもしれません。

ドメイン更新料を払うのがなんか悔しかった

私がXサーバーを契約した時は、初期費用無料キャンペーンのときでした。
特に何も考えずその時に申し込んだのですが、1週間もしないうちに「サーバー新規契約者はドメイン更新料無料」というキャンペーンが始まりまして…。

初期費用は3000円くらいだったんですが、3年以上続けるなら更新料(年1000円くらい)無料の方がよかったよね、となんかもやもやした気持ちが残ったんです。
さらに今年からその初期費用もなくなって余計に損した気分になってしまい、サーバーに愛着もないし移ってもいいなーという気持ちが大きくなってしまったのも今回の意思決定に影響しているかもしれません。

ブログ
Akariをフォローする
スポンサーリンク
あかりlog

コメント