カッターナイフを真面目に使い始めたので初心者的視点での良い点や使い方のコツを語る

カッターナイフを買いました。

元々は旅行用のノートを作成するためにトラベルノートの本を買って、その時ついでにその本に載っていた文房具をいくつか買い足した中の一つにカッターナイフがあったんです。

created by Rinker
ワニブックス
¥1,430 (2021/06/22 23:05:06時点 Amazon調べ-詳細)

↑買った本はこれ。ノート好きな方にはおすすめです。

で、初めてカッターナイフを真面目に使い始めたんですけど、大人になってから使う文具ってすごく難しいし、ちょっとしたコツみたいなのを知らないので、使ってるときに気づくと結構楽しくて。そんな話を書きたい記事です。

カッターってまっすぐ切れる

最初にびっくりしたのはこれですよ。
何言ってるんだって言われそうですけど「ほんとにまっすぐ切れるものなんだなー!」と感心しました。
そりゃまっすぐ切るための物でもあるので当たり前なんですけど、知識と実戦は違うというか。

カッターを買う前から、ハサミを使っていろいろ切ったり貼ったりすることはしていました。カッターを買おうかなと思ったことは何度かあったんですが、手先がそれほど器用ではないから危ないかなとか、カッターを買うとマットとか定規も買わないといけないし邪魔かなとか、ハサミでもまあ切れるし片刃にすればカッターっぽく使えるし…といった感じで購入にまで至ってなかったんです。

ただ、冒頭にも書いたトラベルノートの作者さんのインスタを見てたらまっすぐ切る物には常にカッターを使っていて、それがなんかかっこいいなと思って買い足しました。
で、実際に使ってみて、ハサミとは比べ物にならないくらいきれいに切れるのでびっくりしましたんです。これは紙もの生活のQOLが爆上がりしますよ。

まっすぐ切るにはコツがいる

「まっすぐ切れる」を最初にあげといてなんなんですが、使い始めて「まっすぐ切るのって思ったより難しいんだな…!」ということを知りました。
ただいろいろとやらかしながらも、自分なりのコツとして以下のところに気づきました。

力を抜く

とにかく最初のコツはこれ! カッターを持つ方の手や腕の力を抜くこと!

使い始めた当初はすっごい力を入れて使ってたんですけど、力を入れると変に曲がったり、あてていた定規がずれたり、定規を切ったりしてしまって、とにかくまっすぐに刃が進みません。定規からカッターがずれたときに勢い余って怪我をする可能性も高くなりますし、とにかく必要な分だけ力を入れるようにするのが大事です。

普通の紙やマスキングテープなら意外と軽い力で切れるんですよね。
1回で切れなくても何回か同じように切り込みを入れれば切れるので、力の入れすぎよりも入れなさすぎから調整していく方が安全に使えます。

カッターマットの線に沿って使う

カッターマットを買ったものの、最初は角度とか何も考えずに適当に置いて切ってたんです。
しかし、ある日遊びに来た友人が「できるだけ直線はマットの線に沿って切るようにすると、癖がついて切りやすくなるよ」とアドバイスをくれまして。

実際にそういう癖がつくのかはまだそこまで使い込んでないので分からないのですが、マットの線を利用すれば紙や定規をまっすぐ置けるので、「今切ってるこの定規、そもそもまっすぐになってるのかな??」という悩みが消えました。

紙を回して切りやすい角度から切る

最初は紙をマットの上に置いたら、紙とマットは動かさずに切っていたんです。
ただそうすると、どうしても横方向で力が入って定規が削れていく…ということに悩んでいたんですが、ある時気づきました。

紙を回せばいいんだよ!!

紙とマットを回して、常に自分が切りやすい角度になるようにすればいいんです。
これたぶんカッターを使う人には当たり前なんだと思うんですが(動画とかよく見るとみんなくるくる回してる…)、自分で使うときは全く気付かなかったんですよね…。

買ったもの

created by Rinker
日本クリノス
¥403 (2021/06/22 06:11:38時点 Amazon調べ-詳細)

カッターを使ったことがないので、最初はノーマルなものを買おうと考えていました(とりあえず何か使ってみないと要望も不満点も分からないくらい使ったことが無かったのです)。
ということで、持ちやすそうな形で色も派手ではないこちらを購入。
細身でカーブがあるので持ちやすいし、切れ味も不満はないし、色も悪目立ちしないので気に入ってます。

本当は日本メーカーの物を使いたかったんですけど、なんとなく持ち手が直線的で持ちにくそうな形の物ばかりだったんですよね。実際に使ってみると使いやすかったりするのかな?

created by Rinker
オルファ(OLFA)
¥501 (2021/06/22 06:11:39時点 Amazon調べ-詳細)

カッターマットはこちらも同じく使ったことがないのでノーマルなものを、と色も気に入ったのでオルファ製を購入。
商品名はA4になっていますが、実際はA4サイズより一回り大きいので、A4サイズの紙をずらすことなく切れます。
サイズ的には大きいので結構場所を取りますが、その分細かいことを気にせず使えるので、このサイズを購入してよかったです。

created by Rinker
コクヨ(KOKUYO)
¥682 (2021/06/22 06:11:39時点 Amazon調べ-詳細)

カッター用定規。端にステンレスが入っているのでカッターでも使える…という商品なのですが、実は結構既に削ってしまっています…。
最初は力加減が分からなかったので、カッターを削っていることに気づかずに切り続けたりしちゃったんですよね。
金属製の物を買えばよかったのかなと思ったのですが、そちらでも力を入れると削れるそうなので、結局は正しい使い方を習得するのが良いようです。

長さはA4サイズの物を切れるようにと30cmにしましたが、やはり一気に切れるので便利です。太めなので手で押さえやすく、重さもそこまでないので取り回しもしやすく、透明なので切る物を確認しやすい、と十分に使いやすい定規で満足しています。

文具
Akariをフォローする
スポンサーリンク
あかりlog

コメント